巷の英語(海外編)

The Flamboyant Writer
Oscar Wilde の肖像、あくまでもflamboyantだ。
Dublinにて

Oscar Wilde lived here
Dublinにて

keys cut
「合鍵作ります」といったところか。
次の“BOOKS BOUGHT”と同じ構文。
Dublinにて

古本買い取り (London)
「古本買います」
“We buy used books”より簡潔だ。
Londonにて

DSCF3634
「健康第一」、Dublinにて

Ha'penny Bridge
ha’penny = halfpenny。
halfpennyを正しく読めるNSがどれほどいるだろうか。
twopenceも同様。
Dublinにて

Valley of the wind
Ayers Rock, Australia
「風の谷のナウシカ」の舞台はここをモデルにしたと言われる。

Indulge yourself
Ayers Rockにて

sushi-go-around, Bondi Beach
Sydneyの回転寿司屋

Stand behind the yellow line
「(~の)内側に」は “behind”

Nightsafe area
同じプラットフォームにて

No one thinks big of you
「誰も偉いなんて思わないわよ」
Sydneyにて

opening august
“in”の無い方が簡潔でインパクトがある。
Sydneyにて

Father's day in Australia
父の日は国によってまちまちである。母の日も。
Sydneyにて

Kobiashi
Sydneyにて、“小林”が訛ったもの。

Yamashta
30年前、ロサンゼルス五輪で金メダルをとった山下泰裕五段(現八段)を報じる英ガーディアン紙。”Yamashita” でなく“Yamashta”と表記している。なるほど、-shi-の“i”を省くことでヤマしータ」とならず、-ma-に強勢が置かれ、日本語に近い響きになる。

hokka hokka sushi
ほっかほかの寿司はあまりinvitingではないが...
Sydneyにて

Design your own salad
Sydneyにて
DYO salad = Design your own salad.

eat or be eaten
Sydneyにて

CIMG0732
Sydneyにて

CIMG0733
Sydneyにて

photo sent by George (Jan. 2015)
Westminster, London。
誤りを正してみよう。

Men Have G-spots too. (London)
そうだったのか!

Lift (London)
Londonにて

CIMG1259
Londonにて

CIMG1140
Londonにて

Early Bird (NY)
さしずめ日本語の「モーニングサービス」か。
(“モーニングサービス”は中京圏に盛んな喫茶店の風習)

NY construction graffiti
NYにて

Haart is where your home is
イギリス人は言葉遊びがお好き。
Cambridgeにて。

London Tube
これも言葉遊び。
Londonの地下鉄にて

CIMG2089
London、Tooting Broadwayにある果物屋。

Lick'n Chick'n (London)
Londonにて

BA (London)
イギリス人は掛け言葉がお好き。

London (2)
Londonにて

Cairns (2)
オーストラリア人も言葉遊びがお好き。
Cairnsにて

Cairns (3)
Cairnsにて

Surfish cafe
Sydneyにて

something fishy
Sydneyにて

flutterbys
Sydneyにて

sejuiced
オーストラリア人は駄洒落がお好き。
Sydneyにて

広告