『与作』を英訳してみた

 

YOSAKU

 

Yosaku works as a lumberjack
Hey hey ho, hey hey ho
Chopping sounds echo
 through the woods
Hey hey ho, hey hey ho

At home does his wife weave on a loom
Thump thump thump, thump thump thump
She is such a kind-hearted lass
Thump thump thump, thump thump thump

Yosaku, Yosaku
The sun will go down in no time
Yosaku, Yosaku
Can you hear her calling out your name?
Ho-ho, ho-ho

Down on to the straw-thatched roof
Hey hey ho, hey hey ho
Does the stardust fall from the sky
Hey hey ho, hey hey ho

Far into the night she pounds the straw
Thump thump thump, thump thump thump
She is such a hard-working lass
Thump thump thump, thump thump thump

Yosaku, Yosaku
The sun will come up in no time
Yosaku, Yosaku
Can you hear the mountains calling you?
Ho-ho, ho-ho.

 

Karaoke で歌ってみた。

sdr

YouTube にもアップしてしまった...
https://youtu.be/jP4QrnEUL50

 

 

 

 

 

 

広告

“Grammar for Grown-ups”

世界最古の日刊紙であるイギリスの高級誌(と評される)The Timesに「あなたは我が子より高得点が取れるか?」という見出しで、“Grammar for Grown-ups『大人のための英文法』”より抜粋した文法問題が載っていた。 その中に “Should ‘I’ or ‘me’ be used?” という小見出しで次のような空所補充問題があった。

(1) Are you and (    ) going to get a new dishwasher?
(2) Who was the last person to be picked for the team? – (    ) was.
(3) The last person to be picked for the team was (    ).
(4) Who is doing this exercise – you or (    )?
(5) Who’s going to Barbados on holiday? – My husband and (    )!
(6) It wasn’t (    ) who messed up our marriage.

正解を見ると、順に、I / I / me / me / me / me となっていた。 なるほど、おそらくそれが現代英語における最も普通の用法であろうことは納得しよう。多くの類書にも、判を押したように同様の記述が見られる。もとよりNNS(非母語話者)の私が、著者諸姉の native speaker’s intuition に対して、何を言えようか。それに、私とて、インフォーマルな場面で “It’s I.” とは言わない。主格補語は主格が原則(上問3参照)だが、おそらくNSの頭の中で“It’s I.” は強すぎるという気持ちが働くため、控えめな “It’s me.” の方が用いられるのではないだろうか。また、彼らの頭に中に、“I love her. / She loves me.” などの類推から、動詞の前に来るのは主格、動詞の後ろに来るのは目的格という漠然とした感覚があるため、be-動詞の後にも目的格を使うようになってしまったのであろう。

しかしながら、本書のタイトルは『大人のための文法』であって、『最も普通の用法』などとなってはいない。 つまり、理論的には、(1)(2)に主格の I を入れるべきだと著者諸姉が判断したのなら、(3)(4)(5)(6)も同じく主格(4・5は主語のWhoに代わるものと考えるとわかりやすい)であるから、I を正解にすべきだと私は思う。このうち(6)に関しては、日本人高校生が学習する文法ではしばしば、it is ~ that (who) を省いても文として成立するのがcleft sentence だと教える。そのような判定法を高校生に伝授すべきか否かは別の議論に譲るとして、もしもこの括弧内に me が入るとしたら、Me didn’t mess up our marriage. という文が成立することになり、理論的には正しくないことが明白となる。

ただ、Cambridge Grammar を紐解くと、“Me and my wife always go shopping on a Saturday.” という例文が載っている。“usually only found in speech”という断り書き付きではあるものの、descriptiveな潮流に乗ろうとする意図が否めない。蛇足だが “Intermediate Grammar (Oxford University Press)”というタイトルの米人女性文法家による著作があるが、同書は“I couldn’t have come.”のSpoken Formとして “I couldn’t of come.” を載せている。音声的にはそう聞こえるかもしれないが、一変形として文法書に記述するようなことではない。ここまで来ると、もう、嗤うしかない。

以上を踏まえて、もしも私が著者の1人であったら、「(3)(4)(5)(6)は(歴史的・)文法的には I が正しいが、文末あるいは動詞の後に主格の I を用いることを多くの母語話者がuncomfortableに感じるため、実際の用例では me が多い」という補足を付すだろう。 旧来の Fowler、Strunkなどの prescriptive な(そしてときに権威主義的な)態度への反動から、できる限り descriptive たらんとする姿勢が昨今の主流だが、その姿勢が、美しかるべき言語の破壊につながる恐れがある行為であることに、当該著者諸姉はお気づきでないようなのが残念だ。

たかが発音、されど発音

2000年10月、日米首脳会談のレセプションで、英語は苦手という森首相がクリントン米大統領に向かって“How are you?”というべきところを“Who are you?”と言ってしまったために、大統領が“I’m Hillary Clinton’s husband.”と(ジョークで)答えたというエピソードが当時メディアを通じて流れたことがある。私には、体育会系の森首相がいかに英語が苦手でも、そんな基本的な表現をご存知なかったとは信じがたい。これは、そのエピソードを伝えた人(役人あるいは報道関係者)の側にあった英語の音声に関する誤解に起因すると私は思う。一般に日本人がwhoを発音するときにはf音が混じることが多いが、実際のwhoは[ホゥ]に近い。しかるに日本語的に発音されたhowは、英語本来の[hau]でなく[ホゥ]に聞こえないこともない。要するに曖昧で弱い日本人のhowはwhoの発音に近似している。森首相は確かに“How are you?”と言った(つもりな)のだが、残念ながらそれがクリントン氏には“Who are you?”に聞こえてしまったというわけだ。どちらのせいでもない。原因は日英の音声体系の違いにある。

ことほど左様に、誤った発音はコミュニケーションに支障を来すことがある。「私は沈む、あなたは軽い」と英語で言ったら、真意が“I think you’re right.”だと分かってもらうのに少々時間がかかる。会話がそのやりとりの連続だとしたら、もはや会話というより連想ゲームに近い。

これを遡ること3年の1997年秋、私は、現代言語学の父と称されるノーム・チョムスキー博士の講演を聞く機会に恵まれた。ただし内容は言語学とは全く無関係で、東ティモールの独立運動を支援するための講演であった。先ず登壇したのは博士であった。言語学のみならず社会活動家としてもつとに知られた博士はクールで、その英語はあくまでも美しかった。博士に続き登壇したのは、インドネシア軍の拷問を受け、命からがら米国まで逃げ延びた東ティモールの青年であった。青年は発音も文法も拙く、聴く側は一語一語咀嚼しなければならなかった。ところが聴衆はいつしかこの青年の話に引き込まれていき、スピーチが終わると割れんばかりの拍手が会場に響き渡った。チョムスキー博士が前座、その青年が真打であることを私は納得した。

2008年1月、私はたまたまNHKのテレビ番組「仕事の流儀 プロフェッショナル」を観た。タイトルは「リーダーは太陽であれ」というもので、国籍50カ国から成る7,000人の従業員を率いて、サウジアラビアの巨大石油化学プラント建造に携わる高橋直夫氏をフィーチャーしていた。工事の遅れは時に100億円規模の損失につながるリスクと闘いながらも常に笑顔を忘れない氏の生きざまが美しい。途中、氏が従業員に英語で指示を出す場面があった。一聴するとすぐに気付くのだが、三単現の-sが無いし、冠詞が無い。しかしながら、語彙が的確なため誤解を招かない。しかも縦板に水の流暢さだ。そして、何より、恐ろしいほどの説得力がある。私は唸った。

この高橋氏と、前述の東ティモールの青年との共通点は、どちらも “something to say” を持っていることである。私は2011年と2012年、英語スピーチの全国大会に出場した。しかし、そんな口先だけの弁舌とは違う凄さが両者の言葉にはある。それは、どちらも、一つ一つの言葉が、それぞれの生き様、もっと言えば、いのちとかかわっているからである。

発音は大事だ。商談等の相手に向かってI’ll fax you the details.の動詞を誤った発音で言ってしまったら、とりわけ相手が女性の場合、次の契約はおろか、当該契約さえ破棄になる恐れがある。しかしながら、発音よりもはるかに大事なのが中身だ。What comes from the heart goes to the heart! やはり最後は人間性だ。これは若者たちへの励ましとともに、緑寿を過ぎても相変わらず愚かな自分への戒めだ。

I SINK YOU’RE LIGHT

2011年11月、私は「全国中学高校教員による英語弁論大会」に出場した。 “I SINK YOU’RE LIGHT” と題して、発音の大切さを訴えた。以下はそのスクリプトである。

“I sink you’re light.” More than half of my students say this when they want to agree with me. They don’t mean to say, “I go down below the surface of the water, but you float because you aren’t heavy.” Japanese people are notoriously unable to pronounce the dental fricatives, namely the [th]-sounds, and distinguish the alveolar lateral from the retroflex, in short, [l] from [r]. My students are no exception. As a result, some of them are reluctant to speak English in front of others. Particularly, those in their late adolescence tend to be too self-conscious and shy to speak up. With their affective filters so high, they’d rather say nothing than risk embarrassment. Perhaps, they too will become typical Japanese ‘wallflowers’ at international gatherings. To improve this situation, I have tried various strategies to encourage my students to read aloud. In my class I ask my students to repeat after me instead of after recorded materials because they read with more spirit when they read with me. Also, I make it a rule to praise my students every time I notice even a slight improvement in their pronunciation. This is probably what most English teachers do in their classes. One other thing I have been practicing these past few years is what I call a “Reading-Aloud Test.” Let me explain what I do. Two weeks before every mid-term and final exam, I choose a sentence or a passage for my students to practice. For example, one I use for my seventh-graders is: My phone number is 345-7891, which contains a dental fricative, labio-dentals, and nasal-vowel liaisons. Another example is the first stanza of Robert Frost’s “Stopping By Woods On a Snowy Evening.” In addition to its renowned beauty and profundity, I tell my students to pay attention to the first line that goes: Whose woods these are I think I know, because many students have difficulty pronouncing the [hu:]- and [wu]- sounds of the first two words. To remedy this, I advise my students to practice it until they can say it naturally. On exam day, I write the sentence or passage on the board in large letters and record my students’ readings. They listen attentively to their peers while getting ready for their turn. After that, I always have the students listen to their recorded performances. When they hear their own voices, they get excited and embarrassed, but they never fail to say, “Please let us try again!” And I never fail to allow them to try again. This is a really fun activity and my students love it, partly because they are curious to listen to recordings of themselves and their peers, and partly because I give them better scores on this test. Here’s the trick. By giving my students higher scores on the Reading-Aloud Test than on the written test, I can push them to be more confident in themselves. More often than not, I’ve encountered negative opinions or “so-what” attitudes among Japanese teachers of English toward teaching pronunciation. Some of them might argue that no one is free from first language interference, which I admit is true. I, for one, am a living example of it. And then there’s the scary second language acquisition theory called the critical period hypothesis, which formidably discourages late starters’ efforts. Others might insist that, even without specific pronunciation teaching, many students sooner or later acquire serviceable pronunciation in the course of their studies, and as long as their pronunciation is intelligible enough, they can communicate. All of these arguments are plausible and I’m not dismissive of their importance. However, I have seen that those students who develop confidence in pronunciation start to improve other skills such as reading and writing. Teaching pronunciation is nothing to be made light of. On the contrary, it can make a tremendous difference. By helping your students acquire better pronunciation, you can motivate them to like English more. It may well improve your students’ holistic attitudes toward their school lives, and eventually I hope more and more students will be able to say with confidence, “I think I’m right.”

次の記事『たかが発音、されど発音』もご覧あれ。
 

巷の日本語

インポあまりattractiveな店名とは言えない...

錦玉羊羹普通の味だった

さかなを喰わせるすごい店(Went Bankrupt Soon)「すごい」と思えないのはなぜか

においも敏感匂い“に”も敏感

訓令式ローマ字は読みづらい訓令式とヘボン式が混ざってしまっている(豊橋市)

先端大acromegalyかと思いきや...

奈良先端大大学だった

二盗を成功二盗“に”成功とすべきか

入力を失敗→入力に入力“に”失敗とすべし

お送りさせていただきます「お送りさせていただきます」は過剰敬語か

並び替え

docomo携帯画面。天下のdocomoが「並“び”替え」とは...

豊田不妊センター不妊“治療”センターとしたい

未満な「未満」に付くのは「の」ではないか

夢と希望と選挙権.....

巷の英語(海外編)

The Flamboyant WriterOscar Wilde の肖像、あくまでもflamboyantだ。
Dublinにて

Oscar Wilde lived hereDublinにて

keys cut「合鍵作ります」といったところか。
次の“BOOKS BOUGHT”と同じ構文。
Dublinにて

古本買い取り (London)「古本買います」
“We buy used books”より簡潔だ。
Londonにて

DSCF3634「健康第一」、Dublinにて

Ha'penny Bridgeha’penny = halfpenny。
halfpennyを正しく読めるNSがどれほどいるだろうか。
twopenceも同様。
Dublinにて

Valley of the windAyers Rock, Australia
「風の谷のナウシカ」の舞台はここをモデルにしたと言われる。

Indulge yourselfAyers Rockにて

sushi-go-around, Bondi BeachSydneyの回転寿司屋

Stand behind the yellow line「(~の)内側に」は “behind”

Nightsafe area同じプラットフォームにて

No one thinks big of you「誰も偉いなんて思わないわよ」
Sydneyにて

opening august“in”の無い方が簡潔でインパクトがある。
Sydneyにて

Father's day in Australia父の日は国によってまちまちである。母の日も。
Sydneyにて

KobiashiSydneyにて、“小林”が訛ったもの。
30年前、ロサンゼルス五輪で金メダルをとった山下泰裕五段(現八段)を報じる英ガーディアン紙が“Yamashta”と表記していた。なるほど、-shi-の“i”を省くことでヤマしータ」とならず、-ma-に強勢が置かれ、日本語に近い響きになる。

hokka hokka sushiほっかほかの寿司はあまりinvitingではないが...
Sydneyにて

Design your own saladSydneyにて
DYO salad = Design your own salad.

eat or be eatenSydneyにて

CIMG0732Sydneyにて

CIMG0733Sydneyにて

photo sent by George (Jan. 2015)Westminster, London。
誤りを正してみよう。

Men Have G-spots too. (London)そうだったのか!

Lift (London)Londonにて

CIMG1259Londonにて

CIMG1140Londonにて

Early Bird (NY)さしずめ日本語の「モーニングサービス」か。
(“モーニングサービス”は中京圏に盛んな喫茶店の風習)

NY construction graffitiNYにて

Haart is where your home isイギリス人は言葉遊びがお好き。
Cambridgeにて。

London Tubeこれも言葉遊び。
Londonの地下鉄にて

CIMG2089London、Tooting Broadwayにある果物屋。

Lick'n Chick'n (London)Londonにて

BA (London)イギリス人は掛け言葉がお好き。

London (2)Londonにて

Cairns (2)オーストラリア人も言葉遊びがお好き。
Cairnsにて

Cairns (3)Cairnsにて

Surfish cafeSydneyにて

something fishySydneyにて

flutterbysSydneyにて

sejuicedオーストラリア人は駄洒落がお好き。
Sydneyにて

巷の英語

niman-yen doh正しい表記法に感心した。

CIMG2062日本語は「リフォーム」

CIMG2063英語は”alteration”。Scarsdale、NYにて

B.S. (Okonomiyaki Restaurant)BSはbullshitを意味してしまうことを
お好み焼き屋のおばさんには伝えてない。

Ban Boo「文句は言わせないぞ!」ってか。
「竹宗」というビジネスホテルの看板。

Arigatou京都にて
Free care cause to become me zoo note.
To be, to be, ten made to be.と同じ類の言葉遊び。
逆(英語→日本語)の語呂合わせに、”揚げ豆腐”(=I’ll get off.)などある。

P1030668Trustの誤りかと思いきや...

P1030664そういう意味だったんだ。

CIMG5073英語でもない、日本語でもない...

Yes, I Like Pan.私の最もお気に入りの一つ。京都にて

Nature & Creature Village - Nature Centre単に”Nature Center”でいいと思うんだが...
COBUILDの定義から: You can refer to any living thing that is not a plant as a creature, especially when it is of an unknown or unfamiliar kind.People also refer to imaginary animals and beings as creatures.

Everyone Toyohashiすごい英語だわ。

CIMG2040正しくはこう言う。NYにて